外壁塗装

外壁塗装について

塗装工事は外観を美しくし、建物を年中無休で守るという役割を担っています。
外壁や屋根は建物を休まず守っていますので徐々に塗装の塗膜が剥がれており劣化が進行しています。
定期的にメンテナンスしなければ外壁に不具合が生じ始め建物自体まで悪影響を及ぼします。
そのように建物までにも劣化が進行すると塗装だけのメンテナンスだけで解決する事が出来なくなり、コストが非常に嵩みます。
建物のメンテナンスは「早めの対応が大切」なので、外壁や屋根の塗替えが10年周期と良く言われている理由です。
当社では、見積り・現地調査は、無料で承っております。

おもな症状

ひび割れ(クラック)

地震や家のきしみ、外的要因の衝撃などによって、クラックが発生してしまう場合があります。一旦クラックがでると元に戻すことは難しく、補修工事によって症状を抑えるしかありません。外壁の種類によりひび割れが発生する理由は様々ですが、クラックを放置しておくと割れ目から雨水が浸水してしまうおそれもありますので、早急に対応する必要があります。
放置していると建物が損害をうけます。





チョーク現象
壁をさわったら白い粉が付いた事ありませんか?
この白いチョークの粉が付くような事を言います。
このチョーク現象は壁を撫でるだけで解りますので、外壁塗装時期の一つの時期の目安となります。
チョーク現象は外壁塗装の劣化により起こされており、塗料の防水効果が薄れてきたと言うサインになります。
防水効果が薄れてきている状態を放置しておくと、外壁自体に水や湿気が侵入し建物を傷めてしまいます。
外壁塗装の劣化段階は、まず塗装自体にツヤ無くなり次に色褪せなど色味が変わってくすんだ印象になります。

壁の膨らみ・剥がれ
外壁で水膨れの様にプクプクと膨らんでいる事がありますが、このような劣化状況の場合は簡単に剥がれやすくなってしまいます。
この外壁の膨らみですが、原因はいくつかあります。
外壁自体に雨水が侵入し、その水分が蒸発し気体となって体積を増加させて、内部で膨らみを作ったという場合。
また他には、外壁の汚れ落とし(高圧洗浄)や下地塗装が不十分だった場合も膨らみは発生します。
乾燥がしっかりされていない状態で外壁塗装を行うと膨れが発生する可能性が高いです。




カビやコケの発生
水はけの悪い外壁や屋根のカラーベストなどには、表面にコケが発生することがあります。表面部分だけにコケが生えた状態なら、美観上の問題なのでそれほど緊急度は高くないと言えるかもしれません。ただし、例えば屋根スレートの隙間に水が溜まっていることが原因の場合には、そこから浸水している危険性が高く、修繕の緊急度も大きくなります。






コーキングの劣化
コーキングとは柔らかいゴムのような素材で、外壁と外壁の隙間を埋めるために使われます。このコーキングは時間が経つと劣化しひび割れなどが発生します。そうなりますと、雨水が侵入してしまい、内部から外壁材を腐らせてしまいます。また、雨はわずか1mmの隙間でも入っていきます。ですから、外壁が色あせることなどよりも深刻な状態です。
本来のメンテナンス時期としては外壁よりも早めの5年ぐらいの周期で打ち替え工事を行うのがベストです。





上記のような症状に気が付かれた時は、お気軽にご相談ください。
現地調査、無料で行っております!

カテゴリーを選んでください。

HOME > 外壁塗装